福知山山山の会 前会長あいさつ

2018/08/01

https://ume.riceball.jp/wp-content/uploads/2016/07/Himg2.jpg

 

福知山山の会 プロフィール

前会長あいさつ

福知山山の会は、1998年7月京都府勤労者山岳連盟加盟の山の会として6名の山好きの人達によって創立されました。

会は、年一回開催される「総会」で選出された運営委員により、「運営委員会」が組織され会の運営を行っています。
運営委員会は、会の組織・運営・財政・山行の企画・実行・会報の発行等を討議決定しています。会は、毎月登山を「例会登山」として企画し月数回以上山に出かけています。

会員の登りたい山の要求や意見を会運営に反映させるため当番制で「運営委員会」に参加してもらっています。

福知山山の会は、「運営委員会」と「会員」とを結ぶ大切なバイプの役割を担う会報を欠かすことなく発行してきました。会報の名前は「ぼっか」といいます。会報「ぼっか」には、例会登山の山行案内、登った山の登山報告等山に関することがたくさん掲載されています。会員は「ぼっか」を見て山行の予定を立て山に登っています。

当初6名で出発した会でしたが徐々に仲間が増え現在は40名の仲間が在籍し活発に登山をしています。登山の形態もハイキングから縦走登山、冬山、沢登り、岩登り等幅広い登山を行っています。

福知山山の会は、一昨年「福知山山の会創立一〇周年」を迎え、記念登山や公開山行等を行って祝い20周年へ向け新たな一歩を踏み出しました。
福知山地域の山岳会として頑張ってまいります。

(2010/1 会長青山勲 記)

 

 

               

 

Posted by ふぉれすと