投稿サンプル 

2018/10/09

昨年は天候のよくない中での山行だったので再度の企画です。
二人だけなのでゆったり、造形美(?)を堪能してきました。

スキー場中腹を8:45スタート。
滝の水量はもうこの時期なので少なめ。

更に進めばカツラの古木が2本。
りっぱな樹だけど、これはプロローグ。

谷を登っていくと、カツラ、サワグルミ、そしてトチの大樹、巨樹がいくつも現れる。
黄葉にはもう少し。

 

斜面の上の方にブナが見え始めるとあがりこが点在する地点。ザックを置きしばし斜面を彷徨く。
燭台のようなもの、筋骨隆々、あるいはグロテスクともいえる造形は驚異的。

 

 

詰め上がると一般登山道となり美林の中を行く。

 

蘇武岳山頂11:45
展望のよい山頂であるが遠くはくもり気味のためあまり望めず。

 

スギの巨樹もある!、デカイ!!
2個一の合体したものか?

ケヤキも凄いことに!!

あがりこの森、その生命力に感嘆!
1本1本、裏表の表情を見ていくと飽きることはありません。ここにもあそこにも!!

 

 

観察したり、写真に納めたり至福の時間でありました。

黄葉には少し早い時期でしたが樹木の生命力、造形美を感じる一日でした。
14:15駐車地

 

参加者2名 所要時間6時間

記 S田