会報表紙8月号「葉月」 | 京都北部 山の会と自然の会

会報表紙8月号「葉月」

8月、葉月です。
山の木々もしっかりと葉が伸びてむせかえるような緑になります。
夏休みと夏山シーズンで富士山などはアリの行列のように登山者が登ります。
里山は 地獄の里山 といわれる季節になって暑い暑いといいながら登ることになります。

暑さにめげず昆虫たちは活発に動きますので開けた山頂では次々と蝶が飛んできて目を楽しませてくれます。
また林の中ではセミがけたたましく鳴き交わします。
ヒグラシやツクツホウシが多いですが近辺の山でもエゾゼミやコエゾゼミの声が聞ける所もありますので耳を澄ませて歩いてみてください。

暑さ対策は皆さん工夫を色々されています、ペットボトルを凍らせて持っていく、保温容器に氷を詰めてスポーツドリンクを入れる。
おしぼりを凍らせて持っていくなど参考になることがあれば実行してください。
水分の補給はこの季節最も重要なことになります。

随分昔ですが大江山の山頂でお昼ご飯をしていたらふもとでゴロゴロと雷が鳴り出したことがあって、逃げるように下ったことがあります。
雷対策はとにかく姿勢を低くすることのようで速やかに逃げてください。
小屋や岩室があれば中に入ってやり過ごすのがベストです。
沢に行かれる方はにわか雨にも注意が必要ですね。

くれぐれも無理をしないよう夏山を楽しんでください。

文 はる
絵 HITORISHIZUKA

トップへ戻る