警報  カエンタケ | 京都北部 山の会と自然の会

警報  カエンタケ

近年 カエンタケ という毒キノコが北上しています。
ナラ枯れで枯れたドングリの木の根元によく発生するようです。

食べたら死ぬ、触って汁が付けば炎症を起こす、目に入れば失明の恐れもあるという大変に危険なキノコです。

赤くて、不定形(傘がない)で何本か固まって生えます。

大文字山などにも沢山でているようです。

 

絶対に触らないように注意してください。

文 はるさん

トップへ戻る