瀞川渓谷と但馬高原植物園  2011/7/31 | 京都北部 山の会と自然の会

瀞川渓谷と但馬高原植物園  2011/7/31

兵庫県香美町の瀞川渓谷と但馬高原植物園に行きました。
瀞川稲荷より谷川沿いの道をつめて行きます。

  

巨大なカツラがあったりでいい雰囲気ですが、道がすべる、すべる。
京鹿の子、ガクアジサイ、キツリフネなど花も一杯。

  

双身の滝から不動滝で終点、滝のしぶきが霧になって涼しいこと。
帰り道で路上に夏椿(沙羅)の花が、もうすこし早かったら満開でした。
花の命は短い。

  

  

下りてから案内板をみたらツチノコ淵が途中なあったようで気が付かず残念。

あと但馬高原植物園に、梅花藻が咲いていましたソフトクリームがおいしかった。

今回の珍品はオニノヤガラとキツネノエフデ、オニノヤガラはこれでも蘭の仲間です。
トチバニンジンの赤い実もありました。

記 はるさん

いろんな所を歩いてきましたが、「瀞川渓谷」10指に入る秘境中の秘境で素晴らしかったです。

瀞川稲荷神社から渓谷へ、傍に祀られた仏さんに導かれるように歩くこと1時間「瀞川不動滝」に到着。

落差50mくらいかな 名瀑です。

渓谷は、足元の岩が濡れていて滑りやすく何度か沢を渡らなければならないので水量の多い時は要注意。

装備は、万全で渓谷に入った方ががいいと思います。スニ-カ-等は不可

記 A山

トップへ戻る