栄螺ヶ岳・西方ヶ岳  2011/4/2 | 京都北部 山の会と自然の会

栄螺ヶ岳・西方ヶ岳  2011/4/2

震災以後なにかと話題に上る原発ですが、すぐ側にある山なので気分的には??と思いつつ登ってきました。

ここへ向か途中の野坂岳はまだ雪が残っているようで、ここも見上げるとうっすらと残っているような気がします。でも登山口周辺は大丈夫です。

標高400mぐらいから残雪があらわれ、しまりが悪く、ずぼずぼと足が沈み、思うように登れません。

長命水と名付けられた谷の源頭部付近。木の根元は溶けているが山の斜面はしっかりと残っています。

でもここからは足を取られることも少なくなり、気持ちのよい残雪の尾根歩きとなりました。


マンサク?

栄螺ヶ岳山頂 天候は曇り…


西方ヶ岳

芽吹き前の樹林帯を行く。踏み抜く事もなくなり快調なペースで進む。
天気がもう少し良ければ・・・。

出会ったのは逆回りの4人の1組だけ。

カモシカ台と名前がついた巨岩。
この辺りから時々大きな岩が出現。


西方ヶ岳山頂 50センチ程度の残雪


下ってくると、春の風景。芽吹きが始まっていました。

距離約9キロ 所要時間5:30

記 S田

トップへ戻る